イマカツを知ろう!イマカツ徹底攻略 > イマカツ セット > イマカツ セット ウグイ

イマカツを知ろう!イマカツ徹底攻略

イマカツ セット ウグイ


イマカツのお得なセットの一つが、イマカツジャバロンハードウグイセットだ。
このセットは、イマカツのジャバロンとウグイの餌疑が付いて13,000円のお得なイマカツセット商品。

ウグイとは?この魚の全貌に迫る。

体長は30cmほど(大きなものは50センチを超える)になり、全体にこげ茶色で側面に1本の黒い筋がある。
腹部は繁殖期以外には銀白色で、春になると雌雄ともに鮮やかな3本の赤い条線を持つ独特の婚姻色へ変化する。
婚姻色の赤い条線より「アカウオ」と呼ばれることもあり、この時期には川の浅瀬の堆積した土砂の上で産卵をおこなう。
一生を河川で過ごす淡水型と一旦海に出る降海型がいて、降海型は北へ行くほどその比率が増す。

近縁種としては、北海道などの河川・湖沼に生息するエゾウグイや、新潟県周辺の河川に生息するウケクチウグイなどが有名で、いずれも完全な淡水型。
汽水域や内湾、沿岸域に生息し、産卵のために河川を遡上する遡河回遊魚マルタ(マルタウグイ)も、ウグイの近縁種の一つだ。
ウグイとマルタとは交雑しやすい。

分布

沖縄地方を除く日本全国に分布する。
多くの地方でオイカワやカワムツなどと一括りに「ハヤ」と呼ばれるほか、分布の広さからアイソ、アカハラ、クキ、タロ、ニガッパヤ、イダなど各地の独特な名前が付けられている。

河川の上流域〜下流域に幅広く生息し、水生昆虫、水に落ちた昆虫、水底のコケ、小さな魚、魚の卵など何でも捕食する典型的な雑食性を持っている。
補食に際して、群れを組んで泳ぎ回るので、橋の上などから魚影を確認することができる。

漁獲

水遊びの相手として古来よりなじみ深い魚で、釣りでは、ほとんどの餌に食いついてくるため、他の魚を狙う場合にも釣れることがある。
餌は普通の釣餌以外に魚肉ソーセージ、かまぼこなどの魚肉練り製品、イカの塩辛、鳥のレバー、カステラ、羊羹、干しぶどう、油揚げなどでも釣れる。
小型ルアーを使うルアーフィッシングでも釣れ、引きは小さなサイズでもヤマメ、イワナと区別できないくらいパワフルで、マス類の禁漁期のターゲットともされるぐらいだ。

一部では海に下りたウグイをオオガイと呼び区別する所もあり、体長も大きいもので50センチを超えるものの、食用魚として認識されていないので、専門に釣る人はほとんどいない。
また、生息域がハゼ等の食用魚と重なるため、それを専門としている釣り人からは餌取の外道として嫌われている。

こんな人間には嫌われ者のウグイですが、バス等にとれば絶好の獲物!!
イマカツセットウグイ入り、おすすめだ。


<<イマカツ 限定 ダイナゴン | イマカツを知ろう!イマカツ徹底攻略トップへ | がまかつのワッペンはかっこいい!>>



Powered by Seesaa
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。